メンバー紹介

木村けんご 品川区議
いながわ貴之 品川区議
石田しんご 品川区議
大倉たかひろ 品川区議
松永よしひろ 品川区議
伊藤しんご @品川 政策委員
山崎かつひろ 大田区議
松原はじめ 大田区議
安田てるひさ @大田 政策委員

@品川 メンバー

品川区議会議員 木村 健悟(きむら けんご)


ご挨拶

プロレスラーとして世界を駆け巡ってきた経験を活かし、品川区を国際的にも魅力のある町にしていけるよう取り組んで参ります。2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催され、品川区内でもビーチバレーやホッケー、ブラインドサッカーなどの競技が行われますが、世界の注目を集めるこうした機会に品川の魅力を発信し、品川に住む人たちが誇りを感じられれるよう、シティープロモーション政策を推進していきたいと考えています。また、レスリングの世界で30年以上の間闘い続けてきた経験を活かして、スポーツを通じての子どもたちの健全な育成を推進して参ります。
今まで生きてきた様々な経験を、品川区政発展のために存分に活かして、「品川に住んでいてよかった」と感じられるように、区民の声をカタチに変えるべく全力で闘って参ります。

プロフィール

氏名 木村 健悟(きむら けんご)
生年月日 1953年9月4日
選挙区 品川区
当選回数 2回

経歴

1953年9月4日 愛媛県新居浜市にて生を受ける
1969年4月 大相撲の宮城野部屋に入門し、木村山(きむらやま)の四股名で1969年7月場所初土俵。
1972年1月 日本プロレスに入門し、8月2日に鹿児島県喜界島中学校グラウンドでの佐藤昭雄戦でデビュー。
1973年3月 坂口征二と共に新日本プロレスへ移籍。
1970年代後半 藤波辰巳とジュニアヘビー級チャンプを争い、大旋風を巻き起こす。
1985年 映画ビー・バップ・ハイスクールに不良たちを一喝する教師役で出演。
1985年12月 藤波辰巳とのタッグでアントニオ猪木、坂口征二組に勝利し、初代IWGPタッグ王座を獲得。
その後、稲妻レッグラリアート、パイル・ドライバーを武器に、NWA世界ライトヘビー、アメリカス・タッグ、IWGPタッグ、WWFインタータッグタイトルを獲得。
1998年 第18回参議院議員通常選挙に民主党から比例区で立候補するも、惜しくも落選。
2011年4月 無所属(架け橋の会所属)として、品川区議会議員選挙に出馬。26位にて初当選。
2015年4月 品川区議会議員選挙に2期目出馬。14位にて再選。
品川区議会では、建設委員会(副委員長)、震災対策特別委員会、文教委員会 、予算特別委員会(副委員長)、オリンピック・パラリンピック推進特別委員会(委員長、副委員長)などを歴任

現在

国民民主党・無所属クラブ (副幹事長)
厚生委員会、行財政改革特別委員会 委員
都市計画審議会委員、土地開発公社評議員


その他

プロレス時代や芸能活動、政治活動での様々なエピソードがウィキペディアに掲載されていますので是非ご覧ください
ウィキペディアURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/木村健悟


品川区議会議員 稲川 貴之(いながわ たかゆき)


ご挨拶

品川区議会会派では、幹事長、政調会長、常任委員会では建設委員会委員長、副委員長などを務め平成30年度は、オリンピック・パラリンピック推進特別委員会委員長、総務委員会委員を務めています。
品川区議会では、議会改革を推進しています。平成30年度は、議会改革推進会議委員で公報会議サブリーダーを務めています。今後も不断の決意で幅広い議会改革に邁進してまいります。また、品川区消防団運営員会委員も務め、委員会の議題は別にしても区内消防団が活動するにあたりより良い環境にするため志をもって委員会に挑んでいます。 何よりも議会活動や地域活動を通し地域がさらに発展することを考え政策の立案、実行をしてまいります。

プロフィール

氏名 いながわ 貴之(稲川 貴之)
生年月日 昭和47(1972)年12月3日
選挙区 品川区
当選回数 3回

学歴

法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程 修了

経歴

平成12年7月~平成18年9月 松原仁衆議院議員 公設第一・第二秘書
平成19年4月 品川区議会議員選挙 当選
平成23年6月~平成25年5月 建設委員会 委員長
平成25年6月~平成27年5月 議会運営委員会 副委員長
平成27年6月~平成29年5月 品川区監査委員(議員選出)

現在

総務委員会 委員
オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 委員長
議会改革推進会議 委員
公報会議サブリーダー
品川区消防団運営委員会 委員

得意な政策分野

まちづくり政策、行財政改革、スポーツ振興策、観光政策

公式ホームページ

公式ホームページ http://ina17.jp/

公式Facebook https://www.facebook.com/takayuki.inagawa.9

Facebookページ https://www.facebook.com/inagawa17/

公式Twitter https://twitter.com/ina1750/

その他

公益社団法人東京都宅地建物取引業協会 顧問
公益社団法人合気会 合気道ふれあい塾副会長
公益財団法人日本民謡協会 福友会 会員
一般社団法人法政大学校友会東京都法友品川法友会 事業部長
一般社団法人静岡県人会 顧問
一般社団法人荏原法人会青年部会 理事
一般社団法人品川法人会青年部会 会員
一般社団法人荏原青色申告会青年部 会員
二葉四丁目町会 副総務部長
荏原消防団第七分団 部長

家族

妻(歯科医師)・娘(平成23年生まれ)


品川区議会議員 石田 慎吾(いしだ しんご)


ご挨拶

品川区議会議員の石田しんごです。五反田・大崎エリアを中心に活動しております。27歳で初当選させて頂いてから初志貫徹して、改革に取り組んでいます。「声をチカラに 声をカタチに」皆様の声を政策に、そして実現に向けきっちり発言、しっかり行動してまいります。現在3期目。

プロフィール

氏名 石田 慎吾
生年月日 1979年(昭和54)5月1日
選挙区 品川区(五反田・大崎・目黒エリア)
当選回数 3回

学歴

浦安市立入船北小学校 卒業
渋谷区立松濤中学校 卒業
単身アメリカ留学
New Hampton School 卒業
Santa Monica College 卒業

経歴

サラリーマンを経て、衆議院議員松原仁秘書
平成19年4月、品川区議会議員初当選
平成23年4月、品川区議会議員ニ期目当選
平成27年4月、品川区議会議員三期目当選

得意な政策分野

議会改革・防災・教育・子育て支援・ICT・国際

公式ホームページ

公式ホームページ https://www.ishida-shingo.com

公式Facebook https://m.facebook.com/ishida.shingo51

公式Twitter https://twitter.com/Ishida_shingo51/

公式Instagram https://www.instagram.com/shingo501

公式Blog http://ameblo.jp/ishida-shingo/

その他

現在の役職等

議会関係
国民民主党・無所属クラブ 幹事長
議会運営委員会 委員
文教委員会 委員
品川区表彰審査会 委員
議会改革推進会議 委員
ICT推進会議 サブリーダー


国民民主党関係
都連青年委員会 委員長
都連区市町村議員団 副団長
国民民主党東京都第3区総支部 支部長


その他
NPO法人 Space Engineer 代表
NPO法人 きれいなまち 品川支部長
公益社団法人 東京青年会議所品川区委員会 委員長
品川消防団第三分団 班長
川崎大師東京護摩講 世話人


品川区議会議員 大倉 考裕(おおくら たかひろ)




プロフィール

氏名 大倉 考裕
生年月日 昭和58年8月7日
選挙区 品川区(荏原第一地域、大崎第一地域)
当選回数 2回

学歴

平成8年3月 品川区立第四日野小学校 卒業
平成11年3月 品川区立日野中学校 卒業
平成14年3月 私立目黒学院高等学校 卒業
平成19年3月 関東学院大学法学部 卒業

経歴

衆議院議員松原仁 秘書
東京青年会議所 副委員長
荏原第一連合町会 相談役
品川区剣道連盟荏原支部 理事
品川区監査委員
荏原消防団第一分団団員
かむろざかさくらまつり実行委員長

得意な分野

防災災害対策、シティプロモーション政策、教育政策

その他

趣味は剣道、野球等スポーツ全般です。


品川区議会議員 松永 吉洋(まつなが よしひろ)


ご挨拶

おはようございます。私は、品川区選出の区議会議員、松永よしひろです。区政には、2014年10月5日に行われました品川区議会議員補欠選挙に出馬し、初当選をさせていただきました。
当時は、民主党・無所属クラブに所属をし、民進党・無所属クラブ、国民民主党・無所属クラブと会派名が変更になる中、厚生委員会では、高齢者福祉、待機児童対策、区民委員会では、地域活動推進や文化芸術、観光、スポーツの推進、文教委員会では、学校教育、そして現在、建設委員会では、防災対策、環境、住宅などに取り組んでおります。
これからも、元気に、笑顔のあふれる品川区になるよう、汗をかいてまいります。

プロフィール

氏名 松永 よしひろ
生年月日 昭和56年11月27日
選挙区 品川区
当選回数 2回

学歴

東福岡高等学校 卒業
福岡大学理学部応用物理学科 卒業
福岡大学院理学研究科応用物理学専攻 修了

経歴

株式会社ビッグカメラ勤務
衆議院議員松原仁秘書

得意な政策分野

防災、福祉、教育

公式ホームページ

公式ホームページ http://www.y-matsunaga.jp/

公式Facebook https://m.facebook.com/matsunaga.mj

公式Twitter

その他

私の目標は、区民全員が笑顔で、挨拶が飛び交う街にしていくことです。
そのためには、多くの区民の方と会話をすること。これからも、人との出会いの時間を大切にしてまいります。


政党
国民民主党
所属常任委員会(役職):建設委員会 (副委員長)
所属特別委員会等(役職):議会運営委員会 、行財政改革特別委員会
付属機関等・各種委員: 国民健康保険事業の運営に関する協議会委員、国際友好協


会評議員
地域での取り組み:大井消防団団員、大井地区少年野球連盟顧問、大井第一地区委員


趣味
囲碁、魚釣り、テニス(中学時代は、ソフトテニス部)


@品川 政策委員 伊藤 愼吾(いとう しんご)


ご挨拶

 私は、地元二葉で生まれ育ち、地元の皆さまと共に地域活動を行って参りました。このマチが大好きで、このマチのためにお役に立ちたいという思いで、今まで一生懸命に頑張って参りました。私は40年近く医療の世界で育てられ、人に対する思いやりや愛情の大切なことは身をもって感じています。現在58歳になり、色々と思い悩む中で、人生の終盤戦を、このマチのために全力で尽くしたいという思いがどんどん溢れ出てくるようになりました。
 地域の活動をする中で、様々な課題や問題を解決し、この地域をより良い素敵なマチにするためには、行政の支援や新しい施策を展開することが重要であると考えました。しかし、今現在、この地域のことを気軽に相談し、この地域の問題に真剣に取り組んでくれる、この地域に住む区議会議員が居ない中では、なかなかスムーズに、このマチの問題を行政に伝えることができていないのではないかと思うようになりました。
 そこで、私自身が品川区政にもっと真剣に取り組み、このマチのために全力で頑張っていきたいとの決意のもと、政策グループ『ガンバル』@品川の政策委員として活動することと致しました。

プロフィール

氏名 伊藤 しんご
生年月日 昭和36年5月19日
選挙区 品川区(新人)

学歴

私立 戸越幼稚園 卒園
区立 大間窪小学校 卒業
区立 荏原第三中学校 卒業
都立 羽田高等学校 卒業
城西放射線技術専門学校 卒業

経歴

放射線技師免許(国家資格) 取得
放射線取扱主任者第二種免許 取得
大森赤十字病院、東京国税局厚生課診療所などで放射線技師として33年間勤務

その他

下神明天祖神社 総代
二葉二丁目町会 祭礼委員長・副総務部長・成年親睦会会長
国と区を結ぶ政策グループ『ガンバル』@品川の政策委員として品川区政に取り組む


家族
母、妻、娘2人(3世代 5人家族)


@大田 メンバー

大田区議会議員 山崎 勝広(やまざき かつひろ)


ご挨拶

現在、大田区議会議員として5期目を務めています。
ベテランと言われる世代になってしまった私ですが,学生時代までは、政治とは無縁で、音楽に関わる仕事を目指していました。
それが、当時、都議会議員であった松原仁氏と出会い、その圧倒的パワーに押されて秘書に、32歳で区議会議員選挙に初挑戦をします。
秘書時代から数えると四半世紀、様々な世代、立場の皆様との出会いがありました。数え切れないほどの意見や要望、くらしのご相談も受けてきました。
これこそが私の財産、また、活動の原動力です。区民の福祉向上、大田区の発展にしっかり繋げてまいります。

プロフィール

氏名 山崎 勝広
生年月日 昭和41年9月26日
選挙区 大田区

経歴

1990年 3月 都議会議員松原仁秘書
1993年 8月 ヒガ・アーツ&メタル(株)入社
1996年 8月 新進党東京都第3区総支部 松原仁事務所に復職
1997年 1月 都議会議員名取憲彦秘書
1999年 3月 大田区議会議員初当選 以来、5期連続当選
        区議会民主党系会派幹事長
        保健福祉委員会委員長
        防災安全対策特別委員会委員長などを歴任。

現在

国民民主党東京都連副会長
東京区市町村議員フォーラム運営委員長
東京民社協会副会長
おおた国民民主党 幹事長

得意な政策分野

住民との協働まちづくり

公式ホームページ

http://www.yamazaki-katsuhiro.com/

その他

民主党公認候補者として5回の選挙に臨んできましたが、子育てや教育、高齢者の介護など、くらしに身近な問題を扱う区議会のなかでは、政党間で対立することよりも、対話を重視することを意識して活動を続けてまいりました。
その意味で、党派を超えて、国政、都政、区政が連携して、地域課題解決を目指す政策集団「ガンバル@」の取り組みには期待をしています。
国民民主党に所属をすることとなった私ですが、「ガンバル@大田」の一員としてもがんばりたいと思います。


大田区議会議員 松原 元(まつばら はじめ)


ご挨拶

私は平成27年度統一地方選挙にて、初当選を致しました大田区議会議員の松原元と申します。
皆様方から頂いた一票の重みを噛み締めながら、より大田区を住みよい街にできるように努力してまいります。

プロフィール

氏名 松原 元
生年月日 昭和62年8月11日
選挙区 大田区
当選回数 1回

学歴

2011年3月 國學院大學法学部法律学科 卒業

経歴

2015年4月~ 大田区議会議員
2016年5月~ 健康福祉委員会 副委員長(~2017年5月)

重視政策分野

子育て支援 商店街振興 防災減災対策 地域美化

公式ホームページ

公式ホームページ https://www.hajime-m.tokyo/
公式Facebook https://www.facebook.com/松原元-1102569853087441
公式Twitter

その他

2017年より東京羽田ライオンズクラブ会長に就任、青少年育成支援活動、地域美化活動、区内学生向けの薬物乱用防止教室の開催等の奉仕活動に従事しております。また、2018年から東京青年会議所大田区委員会に所属し、同年代のメンバーとともに明るく豊かな大田区を作るための活動をしております。


@大田 政策委員 安田 輝久(やすだ てるひさ)

ご挨拶

誰もが産まれてきてよかったと思える社会を。
進む少子高齢化。広がる経済格差。若者は希望を見いだせず、よき時代の大田区の活力はどんどん失われていく・・・。こんな大田区であっていいはずがありません。
私には愛する息子がいます。息子には必ず幸せになってほしい。そして、その子どもにも同じように幸せになってほしい。
私にできることは何なのか、大人の責任とは何なのか。今日よりも明日が輝く社会であるように、常に考えています。

プロフィール

氏名 安田 輝久
生年月日 昭和46年3月13日生(満48歳)男
選挙区 大田区
当選回数 なし(新人)

学歴

文京学院大学大学院 経営学部 修了(経営学修士)
LEC東京リーガルマインド大学院大学
高度専門職専門科会計専門職専攻 修了(会計学修士)

経歴

平成5年4月  西友商事株式会社 入社
       金融商品取引業 第一営業部に配属され、新規開拓のリテール営業を行う
平成7年2月  一身上の都合により退社
平成7年3月  アイコム株式会社 入社
       金融商品取引業 取締役営業本部長として、各営業部の監督を行いながら、
       営業部長として組織マネジメントを行う
平成14年6月  一身上の都合により退社
平成15年7月  日本ファースト証券株式会社 入社
       金融商品取引業 専務取締役として、経営・広報を担当する
平成16年4月 一身上の都合により退社
平成16年6月 コスモFXジャパン株式会社 創業
       金融商品取引業 代表取締役就任
平成17年9月 日本プライマリー株式会社 創業
       持ち株会社 代表取締役就任 傘下グループ7会社の経営管理及び
       それに付帯する業務を行う
平成21年6月 一身上の都合により清算
平成27年6月 ゴマブックス株式会社 顧問就任(現在)
平成28年11月 一般社団法人 大森フットボールクラブ 理事就任(現在)
平成29年7月 合同会社 Biz Press 創業
平成30年4月 東久邇宮記念賞 授与
平成30年9月 国立徳島大学 産学官連携センター 客員教授 就任(現在)

重視政策分野

産学官連携による地域産業の活性化
事前復興
プログラミング教育義務化に伴う、ネットリテラシーの立案

公式ホームページ

公式ホームページ https://yasuda-teruhisa.jp/
公式Facebook http://ur0.work/MNqc
公式Twitter @mirai_yasuda

その他

私の考える政策については、生活者にやしい街つくりです。平成29年6月よりかわさきFM・ネットTVにて「安田てるひさのHappy Labo」パーソナリティを務め、女性のあたらしい価値観・ライフスタイルを発信しました。平均動画再生数は毎回3万回数を超え、一定の支持を得ました。
好きなスポーツは、サッカー(大森フットボールクラブ理事)です。
好きな食べ物は、ラーメン(実家が元ラーメン屋さんでした)、激辛なもの。
趣味は、釣りになります(小型船舶1級保有)
著書には、『成功する起業家の条件』(ゴマブックス株式 2016年)があります。ドラッガー理論に基づく、スタートアップ起業の分析・検証をしました。




Copyright(C) 東京未来の会. All Rights Reserved.